ZG-300 (PG-300もどき) の開発 #1 (構想)

αJUNO-2のLCDを交換して少しずつキーボードを触りだすと、当時の他のアナログシンセサイザー(例えばJUNO-106(google))のようにノブやスライダーとかを使ってリアルタイムに音色を変えたいという欲が出てきた。

当時、そういうオプションとして、Roland PG-300(マニュアル)なる製品があったのだけれども、当然ながら今はほとんど流通していない。アナログマシン開発日誌さんのサイトに考察記事があり、様々なクローン機が紹介されているが、もともとのPG-300が地味なせいか、クローン機も地味な感じ。ソフトウェア版もあるのか。でもやっぱりフィジカルコントローラの方がいい。

という訳で自作することにした。開発コード名は ZG-300。まずは名前から。

仕様は以下の通り。

  • PG-300でできることを実現する
    • αJUNO-2 の MIDIエクスクルーシブメッセージである IPR (Individual Tone Parameter) の送信
    • IPR値のノブやスライダーでのコントロール
  • 追加機能
    • ライブラリ管理 (音色データをファイルとして管理)

Arduinoをメインにスイッチとノブでパラメータを制御、ライブラリはSDカード上に保存したファイルをLCDに表示して管理する構想。


ざっくりとしたブロック図

ホワイトボードって便利だよね。やっぱりアナログ人間なのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です