GPD Pocket改造

redditにGPD Pocketのキーボード基板の情報が投稿されていた。予想通り、USB接続だったので、メイン基板とキーボード基板の間にUSBハブを割り込ませてやることで、内蔵USBデバイスを追加可能と考えた。



TODO:写真や手順は後で入れる。
USBハブを内蔵した図


横から見た概念図


以下覚え

  • FFCコネクタはマルツで調達(ヒロセ、FH19C-10S-0.5SH)。基板高0.9mm。これ以上高いと裏蓋に干渉する。おそらくキーボード基板に搭載されているものと同じもの。
  • FFC(0.5mm 10p)の信号アサインは、redditにもあるが、▲のマークから順に、+5V/+5V/GND/USB D-/USB D+/GND/SPKR+/SPKR-/MIC/MIC
  • MicroSD カードリーダと指紋認証デバイスあたりを内蔵したい
  • 最初はFFC上に直接コネクタを付けようとしたものの、FFCがハンダの熱で溶けて失敗(当たり前か)。
  • 今回初めてエクステンション基板を使ってみたが、耐熱かつFFCとしても利用可能ということで、非常に使い勝手がよかった。ちょっと高いけれど。
  • 改造は自己責任で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です